日雇いやってみたら意外と楽だった話

日雇いやってみたら意外と楽だった話

引越しバイトを初体験

この前、初めて日雇いのアルバイトを経験しました。結論としては思っていたよりも楽でした。

 

 

日雇いというとどうしても肉体労働の意イメージが強く、かなりきつい仕事ばかりだという先入観がありましたが、いざ行ってみるとそれは杞憂でした。

 

 

もちろん仕事の内容は身体を動かす仕事だったのですが、ちゃんと指示を出してくれる人がいるため、その人の指示の下で動けばいいので頭を使うことなく働くことができました。私が行った仕事は日雇いアルバイトの定番とも言われている引っ越しです。

 

 

今回行った引っ越しはエレベーターがついているマンションの4階から戸建ての家への引っ越しでした。運が悪いとエレベータのない建物に当たってしまうこともあるようですが、私はついていました。

 

 

荷物は事前に依頼主が詰めてくれていたので、その段ボールを運んだり、家電や家具を運ぶことが中心でした。

 

運ぶ順番から荷物の運びかたまでしっかりと教えながらやってくれたので、気が楽でした。

 

 

一番気を使ったのは50型のテレビを運ぶ時でした。薄型のテレビとはいってもさすがに50型ともなるとその重さはなかなかのもので、二人がかりで運んだのですが、絶対に落として壊すことができないので緊張しました。

 

 

ずっと身体を動かしていましたが、思ったよりも疲れることなく終わることができました。

 

 

定期的なシフトの入ることができないので、日雇いアルバイトを行いましたが、1日で数千円を稼ぐ事ができるので、今後も小遣い稼ぎに時間があれば日雇いでアルバイトをしようと思います。